くすみ対策、間違ってませんか?

顔が黒っぽくなってきたような気がする。
化粧をして隠しているけど、化粧をとった時などに気になることがありますよね。

これは顔のくすみです。
顔がくすむと多くの場合首の色よりも顔の色のほうが濃くなったりします。

正しいケアをしていればこんなことにはならないのですが、・・・・。
では、どんなケアが間違っているのでしょうか。
幾つか調べてみたことを書いてみます。

洗顔料が弱酸性。
拭き取りでメイクを落としている。
化粧水を使用していない。
日焼け予防を使わずに、メイクの下地を塗っている。
クレンジングをしないで寝てしまうこともある。

調べてみるとこれらのことが肌にくすみを生じさせる原因であることがわかりました。
間違った対策が、肌にくすみを生じさせているのです。

自分なりに、ではなく、知識に基づいたお肌のケアがどうしても必要ですね。

中から黒ずみを出す!

毛穴の黒ずみは、外から取ろうとするのではなく、中から押し出すのが正しい方法
以前も書きましたが、毛穴の黒ずみをゴシゴシこすったり、あるいはパックで引き出したりするのは間違っています。
毛穴の間違ったケア

そうではなく、中から押し出す方法がベストです。
でもどうやって?

肌は本来の健康な状態を維持できていれば、毛穴の汚れを自分で押し出すことができるのだそうです。
もちろん、洗顔などの基本的な肌ケアの時に、汚れが落ちるはずなのです。

肌をそのような健康な状態に戻してあげるのが、毛穴の汚れを落とすための近道です。
手で、あるいはパックですぐに汚れを出してあげるのが、一番の近道なようなきがしますが、実は、そうではありません。

セラミドなどの肌の保湿力を高め、皮脂の量をコントロールしてくれるようなもので、ケアをしましょう。
無理やりにではなく、自然と汚れが落ちる時を待つのです。

セラミドは、肌の細胞と細胞の間に入り込み、中から皮脂を浮き出させてくれます。

吹き出物対策

吹き出物対策としてできることはいろいろあります。
基本的に吹き出物とは、肌が炎症を起こしている状態です。

ですから、肌に刺激を与えるようなことは、すべて避けなければなりません。

例えば、吹き出物に良くないもののひとつは、化粧品。
化粧品は、肌に刺激を与えてもいます。

ファンデーションも控えめにつけることが薦められています。
また、つけたファンデーションを、家に帰ったらできるだけ速く落とすことにしましょう。

吹き出物ができてしまったのであれば、お化粧は薄く量を減らしてつけるほうが良いのです。
もちろん、すっぴんでいれるなら、それがベストです。

お化粧をしないで仕事に行くことなどできないでしょうから、お化粧の量を調整します。

また、洗顔も大切です。
きれいな手で洗顔するようにしましょう。

泡立ちの良い洗顔料で、泡を顔に当てるようにして洗うのが良いそうです。
手には、何らかのばい菌が付いている恐れがありますからね。
ヘタすると、炎症を悪化させてしまうこともあるかもしれません。

私達を悩ませる吹き出物

肌のトラブルの中でも、私達を落ち込ませるトラブルが、吹き出物。
吹き出物ができてしまうと、隠すことができませんし、一度出来ると数日間消えません。

次第に大きくなっていてしまいます。
潰せば、また炎症が起こるか、後が残るかどちらかですよね。

意外と知られていない事実として、吹き出物ができる原因があります。
吹き出物が出来る場所によって、原因も異なるのだそうです。

おでこに出来たり、頬にできたり、鼻にもできますよね。

おでこに出来る場合は、シャンプーなどの残りが原因だといいます。
また、前髪がばい菌をおでこに増殖させているということも考えられます。

鼻にできる場合は、毛穴に詰まった皮脂。
脂分の多いものを食べることで、吹き出物が出てしまいます。

頬にできるものは、ホルモンのバランスが乱れることが原因だとか。

吹き出物にもいろいろなタイプが有るということです。

吹き出物対策

早めの対策

シワは、酸化していくことでできるものです。
ですから、シワ対策としては、抗酸化作用のある化粧品を使うことが必要です。

また、シワのもう一つの原因は、新たな細胞が作られないことにあります。
古い角質、皮膚が残ったままになり、次第にシワができていきます。

これは、老化現象ですので、完全に止めることはできませんが、遅らせることはできます。
代謝促進作用のある化粧品を使うことができます。

また、保湿力の高いものを使用します。
アミノ酸入りのものも効果があります。

もしかすると、今までは使っていなかったような化粧品を購入する必要があるかもしれませんね。
早く何らかの対策を取ることで、シワを遅らせることができますので、気になる方はすぐにでも、新たなシワ対策商品の使用を考えるべきです。

シワは、一度出来ると取りにくいのが特徴。
シワ取り化粧品も幾つか出ていますが、深くなってしまったシワは、ほぼ取り除くことが不可能です。

早めの対策がポイントです。